気づけば前回の「お山から〜」投稿から2カ月経ってました。この2カ月間も、いろんな生き物と遭遇して翻弄されたので、以下に。長いです!

まずは

半野良の猫

オオミズアオ

オオミズアオが蜘蛛の巣に引っかかってしまうと(突破できないものなんだなー)、なかなか無視するのが難しく、二度ほど救出するという…

ヤマキマダラヒカゲ

オオムラサキ(国蝶なんですね。)

キアシドクガ(ドクガって付いてるけど毒はないらしい。)

頭のフサフサからベールみたいな感じで羽があって、エレガント。

玄関ドアにくっついてたメスクワガタ

6月下旬の数日間は、この猫に翻弄された自分。

どうしたものかと愛猫のかかりつけ獣医さんに電話で相談してみたら、「飼う決心がつくまではご飯をあげず無視すること」とアドバイスされ、そうだよなーと。明日からは来ても無視しなければ…!とドキドキしていたら、翌日からパタリと来なくなったのでした。

(↓その5日後に裏庭にパトロールに来ていて嬉しかったけど、以降は見かけてないなあ。元気かな。)

ちなみにこちらは我が家の愛猫。

アオダイショウは外でも

家の中でも。

お山の家に暮らしていると、たまに人間と野生動物(あとゲジゲジとか益虫だけどあまり見たくないタイプの虫)のニアミスが起こるので存在を意識するのだけど、実際は遭遇しないだけで普通にすぐ近くにいるんだよなーってことを実感します。

こういう感じで。親子グマにはニアミスしたくない!

7月中旬からは、恒例のヤマガラ親子のご来訪で賑やかなお山に。

しばらくベランダでボケーッとしていた幼鳥とか。(近くの枝から親鳥が見守ってた)

こちらはホンドテン

本部屋の前で張ってたときに前を通り過ぎて、浮かれてる窓の向こうの自分とホンドテン。

テンテン(呼び名)、ここしばらく来てないな。

あとここ数日エゾリスが裏庭を飛び交ってる感じ。頭のシルエットがなんか違うなと思ったら、夏は耳の毛が短いのですね。すばしっこくて動画も撮れず。

こちらは裏庭の木の上の方にできてた蜂の巣

裏庭の植物編、ホオノキの花。

上の蜂の巣写真とともに、双眼鏡にスマホをセットして写真を撮るってことを試したり。

オオウバユリ

オニグルミ

秋になったらうまく拾って、自家製くるみに挑戦してみたいなーと思いつつ。

フルーツも、いちごからさくらんぼへ。

さくらんぼ+ブルーベリーへ。

もう少ししたら、マイフェイバリット・フルーツのプラムの登場だ。

家の前の超小さな菜園ではオクラの花が咲いて、ミニトマトも少しずつ色づき始めた感じ。

ルバーブはせっせとジャムにしていて、今日作った分を合わせて計6瓶。秋までにあと4瓶分くらい作れそうだなあ。

裏庭朝食も何回か。

部屋の眺めは気持ち良いけど

湿度がすごくて炭八効果にもやや陰りが見え、常時80%と高めになってきたので日干ししてみたり。

しかし復活せず。冬を越したあとの5〜6月と、夏を越した9〜10月の、空気が乾燥する時期にしっかり日干ししないとダメなんだなーきっと。次はそうしよう。

クールビューティーは相変わらずクールビューティーです。

ずっと蒸し暑かった最近は、はちみつレモン(←自家製)水をよく飲んでいて、今日からそこに静岡牧之原茶「望」が仲間入り。

玉翠園でお煎茶のアイスを頼むと、濃いめの煎茶を氷いっぱいのグラスに注ぐ形で淹れてくれて、これがもう本当に生き返るので自宅でも。一杯目、二杯目、三杯目と色や味の変化を楽しみながら飲めるのも良い。

8月は虫がすごいので裏庭も全然散策しないのだけど、果たしてどんな生き物との出会いがあるだろか。

お山は本当に退屈しないです。

※お山関係のまとめ読みはこちらからどうぞ。

(編)

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA