先日見てきた、「HUE Project Vol.1/東方悠平:Authentic Fabrication –Sapporo」。
10496904_431205957041053_746640696017194772_o
2番目の部屋、天然の素材は一見ぐちゃぐちゃなものの中に置かれていてもなんとなく絵になるなーと思いつつ、
たとえ人工の素材でも、誰かが働かせたであろう知恵や工夫を少しでも感じられると、ユーモラスな佇まいを帯びてくるのだなあ、と。
そこにあるものに知恵や工夫が働いているかどうかって、結構大切なことのような気がします。それがないものは、単純に汚い。
最後の部屋に足を運んだ時、壁の模様が一瞬プリントかと思ったけど、本物でした。よくできた偽物を見た後だと、本物まで偽物に見えてしまった私。
これって、現実の場面を「映画っぽい」と言うときと同じ感じかしら。違うか。
展示に関してはご本人のインタビューがART AleRTに載っておりましたので、こちらもご参考にどうぞ。
今日はPATANICA展「マイフレンズ」をSKNOWで。
A_67tfdb
VORDERMAGAZINE(←上のリンク先のウェブマガジン)でもPATANICAによる「マイフレンズ」連載企画がスタートするのだそうな。
個人的には彼のイラストと名前の組み合わせに頬がゆるんだので、絵と言葉のマッチングみたいなところに興味があるな。
それにしても、展示を見るためにSKNOWに入るのはハードルが高かったっす。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA