何が何だかよくわからないままに静岡へ連れてこられたギヨーム。
さすがに3日間演劇漬けはあれかなーと思い、5/4は浜名湖かんざんじ温泉でのんびり過ごすことに。
ということで、浜松へ。
ちょうど浜松まつりの最中で、駅近くの広場でもイベントをしておりました。
DSC09328
吹奏楽部の演奏を真横で聴きながら、クラフトビールと屋台飯をいただく。
DSC09329
食後は、世界の楽器1300点を常設展示している日本初の公立楽器博物館・浜松市楽器博物館へ。
電子スピネット(小型のチェンバロ)を体験するギヨーム。
DSC09332
すっかり欲しくなったらしく、帰札後もあれこれ調べております。
ほかにも、ピアノの音が鳴る仕組みとか、
DSC09336
こんな風になっているのですねえ。(この写真じゃ全然わからないと思いますけど…)
DSC09337
楽器博物館、面白いな。
その後、お迎えバスでかんざんじ温泉へ移動。私たちが泊まったのは、浜名湖舘山寺温泉最古の宿「山水館欣龍」です。
DSC09339
(舘山寺の下に位置しているので、さっと散策に行けて便利でした。)
舘山の山頂にある大観音は、岬から心中した多くの男女を供養するために建てられた、と書いていたけど、
DSC09338
その岬って、ここで「恋の岬」になっている岬かな?「デートコース」って表記がなんとも素朴。
この日は雨の一日でしたが、
DSC09340
雨に煙る浜名湖の眺めもまたいいものであります。
それにしても、
最近は露天風呂付き客室にばかり目が行くけど、小さめの宿でほぼ貸切状態で楽しむ大浴場と露天風呂

お部屋でのんびり夕食と朝食をいただく。ってのもやっぱりいいな。
私たちにとってはかなり非日常な日本料理の数々(使われている食材で読み方が心許ない漢字、多数…)を、興味深くいただきました。
ああいう繊細な味をきちんと感じるためには、相当舌を鍛える必要がありそう。奥が深いっす。
鰻茶漬けも食べれて満足満足。
静岡3日目に続きます。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA