舞台芸術公園からの、静岡芸術劇場到着。
DSC09322
スパックン(で合ってます?)が迎えてくれました。
DSC09323
撮られ慣れてるな、スパックン。
で、『觀 〜すべてのものに捧げるおどり〜』。

これはもう、圧巻でした。
完 璧 にコントロールされた、あの身体!すごっ!
希少な生物の世界を見ているような、なんとも神秘的な世界でありました。
惚れ惚れしている私とは逆に、若干疲れ気味のギヨームの感想を聞くのも楽しい。「アーティストトーク」に対しても捉え方が違うし。
一緒に盛り上がるより、案外真逆の感想を持った人と話す方が「へー」ってなることが多いかもしれません。
話変わり。
静岡芸術劇場には「ふじのくにせかい観光案内所」があって、演劇祭オリジナル「静岡を楽しむマップ」をゲット。
こういうの、ホント重宝します。演劇祭を主催するSPAC(静岡県舞台芸術センター)メンバーが常連のお店とか、行きたい行きたい。(←定休日で行けなかったけど)
なもので、マップ片手に営業時間終了間近のりんでんで抹茶かき氷。
DSC09324
満足。
街中を少し歩いた後、平田さんお勧めの大作でおいしいお魚をいただきました。
(帰り際にパチリ↓)
DSC09326
ようやく食の面でも静岡を満喫できて、エンジンがかかってきたところで2日目に続きます。
(編)
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA