7/23は「なえぼのアートスタジオ / naebono」のオープニングでした。
の前に。
前日の夜、空知遊覧後に私と柴田さんも駆けつけ、S-AIRオフィスの最後の仕上げ。
私はとりあえずドアのペンキ塗り。
DSCN6871
(私の)雑さを見かねて、自分とこの作業を終えた瀬戸一成君が手伝ってくれました。
DSCN6872
ええ人や…
2階の他スペースの様子を見に行くと、キーボーさん&イクさんのスタジオや、
DSCN6874
川上大雅さんのギャラリー周りなど、ラストスパート的賑わいが。
DSCN6875
↑仲良し感ある、ほのぼのとした並び。
そして翌日。
オープーーーーーーン。
DSCN6893
運営メンバー&入居者のご挨拶。
IMG_20170723_193035
食事メニューは、ジンギスカンやら花咲ガニ(うさぎさん、ご馳走様です!)やら豪華でありました。

画像引用元 https://www.facebook.com/naebono/

画像引用元 https://www.facebook.com/naebono/


私は久々にお会いする人たちもたくさんで、ほぼ1階にいたのですが
途中、2階のS-AIRオフィスへ様子を見に行くと、代表の柴田さんがフランス視察から持ち帰ったシャンパン3種の飲み比べを実施してましたよ。
DSCN6879
↑味の違いを説明するcojica coffeeの恒平君。ぱっと見、何かの面接風。
DSCN6880
飲むたびに腕の匂いを嗅ぐの、なんでかなと思って見てたのですが、鼻をリフレッシュするバリスタの技だそうな。やってみると、確かに鼻はニュートラルに戻る気がする…気がする。
そこへ「naebonoは彼の情熱(興奮?)から始まった」と言ってもいい立役者、山本雄基さんが登場。レッツ・飲み比べ。
DSCN6881
「あ、これは〜」的な。
DSCN6882
 
あと写真に残ってるのはー
久々にお会いした中の一人、仙庭さん(ROCCA)。
IMG_20170723_200615
彼制作の謎解き(上の一枚)に挑戦しましたが、全くもってわからず。あっさり放棄しようとする私に、横で仙庭さんが根気よくヒントを出し続け、ようやくわかった次第。
「謎解きって、数学とかの問題集を解くのと何が違うんですか?(どこが面白いんですか?)」と聞いたら、「数学は解き方が決まっているけど、謎解きは閃きだから」という答えが。
一回閃いちゃうと、謎解きにはまるそうです。確かに、ヒントをもらいながらでも「あー!ひょっとして、こう?」って瞬間は、テンション上がったもんな。
それにしても、謎解きを考える方の人たちの頭の中って、どんなんなってるんだ。仙庭さんもすごいなー。
そんなこんなで夜も更けて、私は一足お先に帰宅。
各スタジオの様子は、naebonoのFBに写真が上がっていたので、こちらからどうぞ
これからどんな場所になっていくのかな。楽しみですね。
※12/23追記:12/16(土)、12/17(日)に開催されたオープンスタジオの様子はこちら
(編)
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA