午前中はドリ大の職員会議@三吉神社。玉串拝礼のあと、そのまま社務所にて今年の抱負(やりたい授業とか)を一人一言ずつ。私は急遽2月にも授業をするかも、です。

会議終了後にギヨームとランチ。バッタリお店で日下さんと会いましたよ。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

その後ATTICへ。なかなかに達筆な『ATTIC年賀状展』はどなたが書いたのでしょうか。小野さん?

そしてその潔さに思わず撮ってしまった一枚がこちら↓

達筆だけど作者は「スーザン」。気になります・・・

その後、『まほうのファンタジーランド』を観にセントラルへ。

どどーんと、巨大な風船のフーテンのふうさんがお出迎え。

会場内にあった『ねむりひめ』の絵本、素敵だったなあ。

「クリエイティブとファンタジー」コーナーのインタビュー映像も必見。クリエイターの皆様が、子どもの頃に読んだ本の中から印象深い一冊を紹介しており、実物を読むこともできます。

柳本浩一さんはBRUNO MUNARIの『I PRELIBRI』・・・小学校2年生の時にこれを読んで哲学的なものを感じたとのこと。映像を観る時は、横で校長のツッコミを聞きながら観るのが特にお勧めです。柳本浩一さんの時はホント笑いました・・・(笑っちゃだめなのだろうけど)

『まほうのファンタジーランド』は9日(日)まで開催中。

そしーて、15日(土)の10時より、上の巨大な風船のフーテンのふうさんを中央図書館で再現しますよ。詳細はこちら

風船を何個ふくらませると、この巨大なふうさんが出来上がるのでしょうか・・・猪熊さん曰く、風船をふくらませると小顔効果が期待できるとのこと。吹いて吹いて吹きまくりましょう!

余談ですが、今日は吹雪いていたので、ポリエステル着物で出かけたら寒くて寒くて。正絹は偉大なり。冬は正絹か、庶民の味方・ウールに限りますね。

と痛感した(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA