4/18(土)にオープンする北海道博物館
の内覧会へ。
DSC09236
↑学芸主幹の方が展示の解説をしてくださっている図。
総合展示では「北東アジアのなかの北海道」「自然と人とのかかわり」をコンセプトに、北海道の自然・歴史・文化を5つのテーマで紹介。
第1テーマは「北海道120万年物語」。
DSC09237
土偶を見るとほのぼのしますねえ。
第2テーマは「アイヌ文化の世界」。
「現在へと続く、ある家族の物語」という、ある家族を5世代に渡って追ったパネル展示が面白かったです。
固定化されたイメージにしかなかなか触れる機会がないので、こういった展示って貴重。
第3テーマは「北海道らしさの秘密」。
解説ツアーが13時スタートで、お昼ご飯を食べる時間がなかった身としては、ここの展示でお腹が空きました。(見れば理由がわかります)
第4テーマは「わたしたちの時代へ」。
コンクリートブロック造の三角屋根住宅って、昭和30〜40年代に普及したのですね。
建材の性能アップに伴う家の形の変化とか面白いな。少し詳しく調べてみようかな。
第5テーマは「生き物たちの北海道」。
ヒグマソファがラブリー。
DSC09238
ここは子どもたちに人気が出そうな。
こちらは2階からのプロローグ部分の眺め。
DSC09239
北海道博物館、面白いっす。
新札幌からバスで15分ほどで到着するので、ぜひ。(アクセスはこちらをどうぞ)
(入館は16:30までなのですが、新札幌からの行きのバスの最終は14:00なのでご注意。)
夏にまた行きたいなー。そしてお隣にある野幌森林公園でのんびりしてきたい。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA