9月から始まる『さっぽろっこ出版体験』(札幌市中央図書館主催)。
写真集「さっぽろ街図鑑(仮)」が12月に出版されるのですが、その編集作業や本屋さんでの販売を、中高生が体験する、という試みです。
その編集サポートを自分が、そしてアートディレクション&デザインをFutaba.の児玉美也子さんが担当するのでございます。
児玉さんも私も、素敵な本にしたいなあと静かに燃えております。
で、このブログをお読みの皆さまにも、ぜひ写真を送ってほしいなと。
今年の写真テーマは、「まちに流れる時間」。
このまちに暮らす人たちが愛着をもって切り取る1シーンには、どんな音やにおい、人が写っているのか興味津々です。
皆さまの心にふれる「まちの一瞬」を、ぜひ。(応募に関する詳細はこちらをご覧くださいませ)
HAKONIWAの皆さまとか、OYOYO写真部の皆さまとか、その他の全ての写真を愛する皆さま、作品お待ちしておりますよー
あ、本好きな中高生が家族にいらっしゃる方、編集委員にもご応募、ぜひ。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA