2013年に見たり聞いたり読んだりしたもので、今年も個人的にチェックしていきたいな、と思うヒト・モノ・コトをご紹介。
【美術関連】
salon cojica
弁護士でもありアーティストでもある川上大雅さんと、CAIアートスクール9期生の小坂祐美子さんがディレクションを務めるsalon cojica。前の場所での営業は終了し、現在は移転準備を着々と進めているそうです。移転オープンの際は、ここでお知らせしますね。
お二人も『ジユウダイ!』の「シゴトいろいろ」に登場しています。
作家や作品の「価値」を高めるシゴト、というインタビュー、ぜひご覧ください。
高橋喜代史さん
札幌駅前通地下歩行空間での「PARC」札幌大通地下ギャラリー500m美術館500メーターズ越山計画すすきのアートプロジェクト+越山計画…など
面白い試みの場には、キーボーさんの姿が。(2013年からは札幌劇場祭の審査員も)
告知はツイッターで一足お先に知ることも多いので、気になる方はこちらもチェックしていただけると。
大下裕司さん
上に挙げた「すすきのアートプロジェクト+越山計画」でキュレーションを務めたお方。取材時の話が興味深かったこともあるのですが、個人的に勉強意欲を刺激されるお方です。
★大口岳人さん

国際的なオンラインマガジン「SHIFT」をはじめ、Clark Gallery + SHIFTまちなかアートプロジェクトCREATIVE HOKKAIDOなど、いろいろ手掛けているお方。
昨年初開催したアートフェア札幌2013では、ギャラリー間や札幌の人とギャラリーとの間に良いつながりが生まれたのかな?(自分は新たなギャラリーとご縁ができて良かった。)
大口さんには、北海道新聞の広告局が発行している『アドどうしん』の連載『この人の発想』にもご登場いただきました。こちらもぜひご一読を。(PDFが開きます)
山本雄基さん
確か今年は、札幌で個展をすると聞いたような。楽しみだな。彼のブログ、好きでよく読んでいます。
3月にはギャラリー門馬の大井さんと、アートフェアに参戦するそうですよ。(大井さんも好奇心の塊のような方で、素敵な女性です。尊敬。)
札幌国際芸術祭
先日、プレス向けの情報が公開。(全体概要はこちらからどうぞ)
個人的にはやっぱり舞台芸術に目が行くもので、
高谷史郎『CHROMA』

と、
Sidi Larbi Cherkaoui+Damien Jalet『BABEL(words)』(←これは日本初公演!)

の公演があることがとても嬉しいです。
————————————
長くなってしまったので、一旦おしまい。
次に続きます。
(編)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA