昨日は、北海道文化財団が開催している北海道舞台芸術情報フェアへ。

道内外からエントリーした演劇、舞踊、伝統芸能の各団体が、道内のホール関係者に向けて5分間のプレゼンをし、「ここを呼んでみたいな」と思ってもらうための場であります。
(写真↑のように、映像を流しながらアピール)
票を多く集めた団体は、来年度道内3カ所で公演ができるという、ステキなフェア。
ちなみに今日は音楽分野のプレゼンがあるそうです。
全部合わせると、約200もの企画がエントリーされておりましたよ。すごっ。
中には、「絶対彼らを呼んでほしいいいいいい」となるようなカンパニーもさらりと紛れていたりして、(こればかりはどうにもなりませんが)彼らが選ばれたらいいのに…と祈りつつ。
そうかー、彼らは北海道にも目が向いているのだなあ。それだけでもうれしいです。
あとは、
昨年の演劇シーズンでの札幌座『瀕死の王様』を見逃した自分としては、昨日映像でチラリと見ることができたことも収穫でしょうか。
めっちゃ面白そうでした…
再演されたら絶対見に行こーっと。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA