GWの前半その2。
本日は、まずKitaraへ。
4日に開催されるコーラス&ブラス 〜中学生スペシャル!の合同練習をしているというので、チラリと見学してまいりました。
いやー、これはお勧め。(入場料は500円)
特に、ある曲中「生きることがつらいとか苦しいだとか言う前に、野に育つ花ならば力の限り生きてやれ」という歌詞が刺さった私です。
大ホールで聴くのがとても楽しみ。(5/20追記:ウェブサイト『ジユウダイ!』にレポート記事を掲載しました。)
お次は『木版画家・佐藤国男による宮沢賢治ワールド』が開催中の、北海道立文学館へ。

これ、素晴らしかったですよ!
イチイやヒノキの、針葉樹独特の木目が効果的に使われている作品。自然がつくり出す模様の、あのえも言われぬ幻想的な美しさときたら。
『銀河鉄道の夜』とか、ため息ものでした。版はどんな風になっているんだろう…
味わい深い額縁も、何だかお人柄が忍ばれるようでありました。
本展は5/12(日)まで。今年の文学館の年間スケジュールは、自分的に結構キテます。
最後はThe Boundary Marketをのぞきに、TO OV cafe。

ぽつねんと菊地さんが。
菊地さんといえば、2011年に突発的に行ったZINEイベント『NEVER MIND THE BOOKS』。短い準備期間にも関わらず大盛況に終わった本イベントが、今年5/25-26にパワーアップ?して開催。
今年は、毎回大賑わいのLOPPISと同時開催とな。すんごい人来そう…
ちなみに、The Boundary Marketでの私のお目当ては、旅古書 シャンティブックス店主のタマリさん(右)とchang-suさんによる「ゆけ!ゆけ!アジアレアグルーヴ探検隊」。

『The Burning Train』からかけていた曲、格好良かった…
本販売コーナーでは、chang-suさんセレクトによるこちら↓を購入。

GW後半の読書はこれだな。
明日は楽しみなおシゴトあり。あとは平日三日間、ひたすら書きます!
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA