GWの前半その1。
まずは『清川あさみ 美女採集』をプラニスホールで。

寺島しのぶ×蛇・夏木マリ×アンモナイト、の二つが特にいいなと。アンモナイトというイメージが浮かぶところがすごい…
帰りに大丸札幌店で開催中の、『Les Jeux d’Hermès』もちらりと。

眺めていて飽きることのない、図柄の数々。いつか一枚ほしいものであります。
前半に読んだ本は、Spectatorの小商い特集号。

たった一人でもいいので、誰かから「これはこの人(この店)じゃなきゃ」と思われるつくり手(←衣食住のあらゆる分野)になれたらハッピーだし、自分にとって最適なつくり手を見つけた人もハッピー。
そういう関係は、一瞬おざなりになった時代があったのかもしれませんが、ここにきてやっぱり見直されたり求められたりしているってことなのでしょうかね。
ふむ。
その2に続きます。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA