札幌劇場連絡会の会長をなさっている藤村さんに会いに、「君の椅子」工房学舎へ遊びに行ってまいりました。
この一カ月かけてぼやーんと考えていた、演劇や表現についてのいろいろ、とか、価値観の多様性について、とか、ひとしきり話せてスッキリ。
「やっぱりそうですよね!」みたいなやり取りができて、少しホッとしました…(たまには自分も人に確認したくなるのです。)
藤村さんが教文にいた時代の話とかも、楽しかった。
おかげで、ずいぶんと長居をしてしまいました。珈琲もごちそうさまでした。
帰りはNadegata Instant Party『The Wall Street Diary 』を。

ご挨拶↓

いいなあ、と思った言葉。

じっくりと楽しませて頂きました。
ちなみに、日付順に見るためにはバスセンター側から見ていく必要があるのですが、あの通路ってゆるやかに左側通行(時間帯も関係あります?)なので、これだと人の流れに対して逆向きに歩かなくてはならず。
今回のような文字を読む展示だと、ガラスケース(や壁面)近くを歩く必要があるので尚更逆走感が高くて、ちょっと気を使いました…いや、歩いている方々がよけていってくれたのですけども。
そういえば、何で人って、自然と左側通行になるのでしょうね。
ってことを、最近誰かが同じく口にしていたような…
あ、500m美術館の展示は1/25(金)までです。
街中にお越しの際はお立ち寄りくださいませ。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA