一昨日『天国への会談』を見に行ったときの折り込みチラシの一つに、王國新聞なるものが。

劇団千年王國の近況や公演の舞台裏のようなものが、手書きで満載。これ、いいですよね。
公演チラシってかなり定型化(公演タイトル、日時金額場所、メインビジュアル、ときにあらすじ)してますけど、知らない劇団の場合(今となっては、知っている劇団の場合でも)、ほぼ機能しないと思うのです。
個人的には、そんな基本情報よりも、劇団のことをもっと知りたいと言うか…
演劇と全然関係のないことでも、「文章が面白かったから芝居も行ってみるか」とか、「今自分も同じことに興味があるから、彼らのお芝居行ってみようかな」とか、意外とある気がします。
定型化されている情報は、もっとスペース小さくても十分間に合いますし。
A4の印刷費をどうせ出すなら、よっぽどこちらの方が意味があるような…少なくとも、そのままゴミ箱行きってことにはならないような…公演前の時間ってわりと手持ち無沙汰ですし、読まれる率も高いような…
しかも街置きをするなら、読み物的なものの方が、演劇に興味のない人でも手に取ってくれそうです。
なもので、まずは手書きで劇団新聞、いかがでしょうか。
というか、これって単に自分が読み物好き、ということなのですけども。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA