楽しみにしていた今週がやってまいりました。
何と言っても17日(木)のマイケル・クラーク・カンパニー『come, been and gone』@高知県立美術館
せっかくなので高知市に二泊し、他にもいろいろ見てこようと思います。
19日(土)は帰ってきたその足で、『色ちゃん』@salon cojicaのレセプションに行こうかと。
そして20日(日)はzanahoria(平原慎太郎さん東海林靖志さん)による『境界』コンカリーニョ
と、今東海林さんのHPを拝見しましたら、10/17-21の森山開次『曼荼羅の宇宙』@新国立劇場に出演されるのですね…出演者には柳本雅寛さんのお名前も。
こーれーはー行きたいな。
そして話は変わるのですが、今回の高知旅。
観光名所などはまあ次の機会でいいとして、どちらかというと普段の生活の延長のような、市内の作家さんの作品に触れられるギャラリーだったり地元の演劇だったり、何かそういうものを見て回りたいなと思ってネットで探してみたのです。(ガイドブックも購入したけど、あまり載っていませんでした…)
が、探し方が下手なもので、そういうサイトを見つけられず。(どなたかご存知でしょうか?)
少し役立ったのは、素敵なお店のHP内「link」欄と作家さんのブログなど。あとはもう、現地でフライヤーなどを片っ端から見てみて、という感じでしょうか。
と、こういう体験を踏まえまして、
自分のような人が何か別の目当てで札幌を訪れたとして、まあせっかくなので二泊くらいしていくかね、と思ったときに、お勧めのコースを考えてみようかと。
食とか、レンタカーを借りて美味しいパン屋へ、とか、そういうものは素晴らしいガイドブックも出ていることですので、ホント個人的なプランですよ。
これ、多くの地元人が考えたら、わりと楽しいのではないでしょうか。「自分の理想の札幌滞在プランを考える」とか、おっ、ドリ大授業でいいんじゃないですか、こういうの。
ということはさておき、次のブログでつらつらと書いてみようと思います。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA