月一更新中のインタビュー連載、9月分アップしました。
今回はCM制作会社のインデックス・コア代表/札幌国際短編映画祭実行委員の、麻生栄一さん。
インタビューはこちらでございます。
アヴァンギャルドな踊りをなさっていたり、アンダーグラウンド映画を制作したり、ライブハウス「びーどろ」をオープンしたり、劇団で舞台監督をしていたり…そして今は札幌国際短編映画祭の実行委員もなさっていらっしゃる。
このジャンルの横断ぶり。素敵です。
自分の目指したい人物像が、今目の前に。いやー面白いインタビューでした。
後半はもっぱら自分の悩み相談のようになってしまったので、わりと削除したのですけど…でも「若いときしかそういうことってできないから、どんどんやるといいよ」と言われたので、やっぱり若いうちはどんどんやります。
「若いうち」っていつまでだろう?
最後には、そんな麻生さんが自身の後継者として考えている女性の名も。
そりゃー、自主上映とか、インディペンデントな作品を札幌で紹介し続ける方と言えば、もうこのお方でしょう。

私も納得。
頑張っている姿は、誰かが見ているものなのだなあ。
なんてことも思ったインタビューでした。
ぜひご一読を。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA