連続投稿でございます。
今日から始まった教文短編演劇祭2011
もうここ数日、新居のいろいろな工事やら手続きやら片付けやらトラブルやらで、仕事もいろいろ滞っており、最後の最後まで迷っていたのですが、滝沢さんが演出したTUC+KYOKUも出るし、最近気になっていた劇団アトリエも出るしってことで、「えいやーーー」と思い切って行くことに。
最初のふかがわ市民劇団in11は観れなかったけど、2番目の劇団天然ポリエステルには間に合いました。
そうかー、「生まれなくてよかった」かー
と思いつつ。
で、3番目のTUC+KYOKU。
ぴんと張りつめた空気がいい感じ。役者と人形が同じ舞台にいることの力でしょうか。
最初の人形の登場シーン、ハラリと一瞬別世界に漂う感覚を味わえて良かったです。
で、何と言っても最後の劇団アトリエ!
いやー素晴らしかった。
仕事をおして観に行った甲斐がありました。
いやーホント素晴らしかった。
12月2〜4日の第三回公演@BLOCHも、絶対観に行きたいものであります。
ちなみに、ツイッターを見ていると、どうやら本日の予選を通過したのは劇団アトリエの様子。皆さん!28日(日)14:00〜の決勝戦で、劇団アトリエのお芝居を観れますよ!
今日見逃した方は、ぜひ日曜日に。
前回のインタビュー連載での飯塚さんの言葉、「人間って算数じゃないからさ、疲れきっているにもかかわらず、ほんの少しのエネルギーを使って映画を観に行ったら、数十倍のエネルギーが得られたりするものなのよね」という言葉を、今日は心から実感しましたよ。

しばし余韻にひたったあと、
目の前の諸々に手をつけなきゃならんのか。
明日でもーいいかしらー
いや、だめ。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA