ローマ発の電車が100分遅れという洗礼を受けつつ、なんとかかんとか集合場所のバーリ空港に到着。他のボランティアメンバーと合流し、お迎えの車でいざマテーラへ。
なんと2017年のシビウ国際演劇祭でご一緒した、ボラ仲間のたかこさんと再会。
IMG_0922
↑もらった名札、みんな名前が書かれている中、一人「Yamada」と苗字表記だったたかこさん。笑った…
ちなみに右の吉澤さんは、今年のFITSボランティア参加組。FITSからの、ベルリンでダンス作品発表からの、マテーラ入り。良いですなあ。
滞在先は当初ホームステイの予定でしたが、急遽女性4人で一つ屋根の下に暮らすことに。シャワー争奪戦になりそう。

ちょっと一休みして、18時からプロジェクト・マネジャーのカルラと街中へ。
IMG_0924 IMG_0928 IMG_0929
ここ↓が一番大きな広場(だったかな?)
IMG_0930
そして、サッシ(洞窟住居)。
IMG_0935
ものすごい時間を感じずにいられない眺めで、すごいなあ。
引き続き、駆け足で街中散策。これ↓はアポロ月面着陸50年にちなんで設置された作品とな。
IMG_0934
届きそうで届かない絶妙の距離で、大人的には撮影スポット、ちびっ子的にはジャンプしてタッチしたい球体、といった感じ。
IMG_0943
こちらは日本のテレビ局で紹介されたらしい、ジェラート屋。
IMG_0932

コーディネーターのイタロ(右から2人目。FITS2018でご一緒したエレナのお父さん)が、ウェルカム・ジェラートをご馳走してくれました。
67352330_344231806506588_1367573769513598976_n
グラーーーーーッチェ!イタロ!
ジェラートで一服した後、カルラから簡単なスケジュール確認。
IMG_0941
「全ての人に開かれているボランティア・プログラムは、さまざまな人が出会い、ネットワークをつくることのできる場である」。
「国際ボランティアは、地元に外国の視点をもたらす存在でもある」。
また、欧州文化首都同士のボランティア・エクスチェンジも、関係者がずっと望んでいたプログラムで、ようやくそれが動き始めた今、その可能性の大きさへの期待も伝わってきました。素晴らしいなあ。
その後は夜ご飯を食べて
IMG_0945
サッシの夜景を眺めて
IMG_0946
帰宅。
明日は10時からガイドツアーです。道、早く覚えないとな。
(編)

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA