全国アートNPOフォーラム2019 in 八戸に参加するために、八戸へ行ってきました。
青森に訪れるのは中学校の修学旅行以来だから27年ぶり、かつ初めての八戸。で、8年ぶりのフェリーです。
(ちなみに私の初フェリー体験は、2011年10月に南三陸で開催された財団法人 文化・芸術による福武地域振興財団の平成23年度助成 活動成果発表会&シンポジウムに参加するためで、仙台までフェリーで。久しぶりに当時のブログを読み返し、初フェリーのことや、成果発表のこと現地視察のことなど思い出しつつ。)
八戸〜苫小牧間を結ぶのはシルバーフェリーで、行きは2018年に就航した新しい船舶・シルバーティアラ
ターミナルに到着すると、ちょうどアイスホッケー部員が大勢乗り込んでいる時でした。
DSCN1528
さすがアイスホッケーの聖地、苫小牧。
お部屋は個室の2等寝台A。
DSCN1529
シルバーティアラはトイレや洗面台も数があってキレイだし、浴室も女性用の方は洗い場が10人分くらいあって快適。(参考にしたこのブログを見ると、男性用は5人分しかないみたい)
シルバーティアラなら、2等寝台Aで十分かなー。
帰りに利用した八戸22時発の便は、シルバーエイト。こちらは2等室が満室で1等室(洗面台あり・ベッドも寝台よりやや広)を利用したのですが、浴室の洗い場が5人分しかなくて、脱衣場もなかなかに狭く。
浴室の利用時間が夜は2時間、朝は1時間しかないので、混み合うと超不便です。
シルバーエイトなら、お風呂・トイレ付きの特等がいいかもな〜。2等、1等、特等の部屋の違いが2500円ずつしか違わないので、10000円で1等を利用するなら、12500円で特等の方がいい気がする。
それか、行きも帰りも、フェリーターミナルからのシャトルバスが発着する本八戸駅から徒歩5分の「八戸城下町温泉 花衣」で、ひとっ風呂浴びてから観光orフェリーターミナルへ向かうってのもいいかも。八戸は銭湯が多いそうですし、八戸らしい観光プランかもしれませんねえ。
ちなみに今回「札幌・八戸なかよしきっぷ」なるものを購入したのですが、予約が電話でしかできないし、きっぷも窓口購入のみ、かつ申込書も自分で書かないといけなかったのですね。
「バスとセットでとってもおトク!」と謳っているので、まあ、おトクなのかなーと思っていたのですけど。
ところがどっこい、ウェブ予約(1割引)でバス料金も往復で購入した場合、1等以上の部屋を利用するならウェブ予約の方が安いことが判明。(寝台も、A室利用なら高いと言っても35円くらいなので、ウェブ予約の方が便利な気がする。)
なので
2等寝台Bまでの利用ならなかよしきっぷ、寝台A〜1等以上ならウェブ予約がおすすめです。ウェブ予約だと画面を印刷していけば受付できるので、申込書に書かなくてもいいし。
苫小牧も八戸も夜出発の便で、寝ている間に到着する感じなので、7時間という時間も気にならず。八戸に行くならフェリー一択かな。
ということで、街中&フォーラム編に続きまーす。
(編)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA