本日『飛生の森づくりプロジェクト』打ち合わせのため、飛生アートコミュニティへ。
『飛生の森づくりプロジェクト』とは、飛生小学校の裏の林を、いろいろな人が携わることのできる森に変身させていこうというプロジェクト。
9/11-9/18に開催される飛生芸術祭の会場づくりのために、笹を刈るのが第一弾の活動(6/18、6/19)になる予定でございます。
ちなみに飛生芸術祭では、平日は野外・校舎内での作品展示のほか、ワークショップなどを開催。そして、週末の17日から18日にかけてはMAGICAL CAMP presents「トビウキャンプ」!
アート作品に加えて、音楽ライブやDJ、演劇などのパフォーマンスが繰り広げられるとのこと。うーん楽しみ。
ということで前置きが長くなりましたが、本日、森づくりプロジェクトの説明や、アーティストの会場下見が行われたわけであります。
私は富樫幹さんと富士翔太郎さんと共に、蔦さんの運転する車で出発。途中白老バーガーを食べつつ、到着したらちょうど小助川裕康さんも着いたところでした。

全員集合したところで、いざ下見へ。

トビウキャンプのときには、ここ↓も飲食スペースになるみたいです。

ここ↓はキャンプサイト。広い!

この広場もいい感じ。

木野君のいる小屋は、当日何に使われるのかしら。パフォーマンス?
そして、笹刈り大作戦の場所に到着。6/18は、この笹を刈るのです。

続々と入っていくみんなを見送る川尻さん。私も今日はご遠慮しました・・・

ミツグさんは、黙々と植物をスケッチ中。

幹さんも。

下見後はトラストの森の川上きよやすさんを交えて、会場づくりの具体的な話を。

実際に会場予定地も見てもらったり。

6/18の笹刈り、興味のある方はどしどし参加頂ければと思います。近くなったら、ここでまたお知らせしますね。
最後に、幹さんが待ち時間にささっと描いてくれたイラストをご紹介。

左は蔦さん、右のスナフキン的な人は私・・・
幹さんのブログには、他にもこんな感じのイラストや、素敵な絵が紹介されておりますので、ぜひご覧くださいませ。
明日は江別だー
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA