S-AIRで上海から招へいしていたアーティストのリューさん
DM_LiuYi-1

トーク後の交流会で水餃子を振る舞うことになり、17日(土)は奥様のルル、助手のディー君と一緒に、ひたすら水餃子を作ってました。
まずは具の野菜をひたすら細かく刻むことから。
DSCN8661
この日作ったのは、豚肉&しいたけ、豚肉&白菜、豚肉&コーン&えび。の3種類。
DSCN8662
私はとりあえず、挽肉と卵を混ぜる係。
DSCN8664
↑こんな感じで時計回りにグリグリ混ぜて!とお手本を示される図。
白菜もめっちゃ刻んで、水分を絞る。
DSCN8667
酒と生姜の刻んだものを混ぜたところで
DSCN8672
リューさんがチェック。匂いで!
DSCN8677
「酒が足りん」と追加。
DSCN8678
もう一つの方も匂いを嗅いで
DSCN8679
「塩が足りん」と追加。
DSCN8680
で、いざ皮に包みます。使用した皮は、通常の焼き餃子用の皮より厚い水餃子用の皮です。
DSCN8687
包み方は人それぞれですな。
DSCN8691
左がルル、右が私。
あとはもう、120個分、包むべし。べし。
DSCN8692
3人による異なる包み方の水餃子たち。
DSCN8695
↑真ん中あたりにめっちゃ肉がはみ出した雑なのがありますが、犯人はルルでした。
ちなみに中国には「露餡(ルーシャン)」という言葉があり、肉まんの中に入っている餡が外に出るってところから、「隠し事がばれる、ぼろが出る」という意味があるそうな。
まさに!
で、茹でるのですけど、
DSCN8696
一度沸騰した後に差し水をするのが「へー」って感じ。
DSCN8697
出来上がったら交流会真っ最中の事務所へ持っていくのですが、
DSCN8694
一瞬でなくなる人気ぶり。(ディーさんもびっくりの、あっという間具合だった。)
台所チームは台所チームで自分たちの分もきちんと確保し、ビールを飲みながら茹でてました。
この日はリューさんの友人のキュレーターなど、いろんな方が来てくださったので、naebono入居作家が自身のアトリエを見せて回るツアーも自然発生。
DSCN8698
よきかなよきかな。
夜も更けた頃、リューさんの愛息子イーイーと柴田さんのセッションも始まり
DSCN8704
イーイー、将来はロックスターなんじゃ…。
DSCN8710
最後は羽生君のフリーの演技をYoutubeで鑑賞するという不思議な集まりに。
DSCN8714
良い夜だった…
水餃子レシピ、バッチリ覚えたので、また作ろーっと。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA