演劇祭の最終日。カンパニーを見送った後なので、私は終日フリ〜。
ということで、Octavian Saiuのトークからスタート。ゲストはOhad Naharin(BATSHEVA DANCE COMPANY)。
DSCN6549
↑恒例の、キリアック氏による詩の朗読。左にいるのがNaharinです。
さすがにこの回はすごい人で、私は外のモニターで拝見。
DSCN6551
昨夜の『NAHARIN’S VIRUS』での語りについては、言葉も身体もエレメンツの1つとして並置した、と。言葉と身体の力関係って、難しいなあ。
1時間半英語を集中して聞くと、速攻疲労困憊。帰って昼寝してしまいました…。疲れが…
で、16時から映画『MR.GAGA』を。

↑この動画には英語字幕が付いていて、いいなあ。私が見たのは字幕なしだったので、もう1回見たいかも。
18時からは、カナダのカンパニー、MACHINE DE CIRQUEを。

パフォーマンスはもちろんすごかったのですが、ルックス・グッドな男性4人が全裸でタオル芸をし始めて、一気に会場の集中力がアップ。(後ろの女性客が「オーマイガッ、オーマイガッ」って興奮していたの、面白かった)
女性客の欲望の眼差しを一身に浴びながら、最後は大盛り上がりのアクロバティックな技を連発して終演。
いやー、楽しかったです。
で、その足で20時からのGROUP TAGO & ATOBIZ LTD『KOREAN DRUM Ⅱ』を。

これまた最後は大盛り上がり。鳴り止まない拍手に、(多分異例のアンコール?)もう1曲披露してくれたのでした。
スタンディングオベーションの熱狂ぶりは、自分が見た中ではダントツだったかも。
その後は夜ご飯。
DSCN6553
ついリピートしてしまった豚肉とグリル野菜。
の後は、フェスティバルクラブで花火。

Photo: Yuiga Haze

Photo: Yuiga Haze


を見た後、ひたすら踊りまくる人たち。
DSCN6555
幅広い年齢層に応えるべく、新旧の曲がかかって楽しかったです。(共産主義時代の曲?って感じの懐メロっぽい曲が特によかった。)
で、私は2時頃退散。
聞いたところによると、朝の4時頃に音楽がストップしたあとナンパタイムが始まったらしい。ラテン。
私は眠くて眠くて、疲れが溜まってるなあ〜
※18日のFITS オフィシャルビデオはこちら。

(編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA