月曜日:こぐま座40周年記念プロジェクトの野外巨大人形劇「ピノキオ」を見に、こぐま座へ。
CIMG1320
到着した時は、ちょうどバル・ミュゼット楽団「ラ・ゾーヌ」の演奏中でした。久しぶり!(WGのバル・ミュゼット特集号はこちら
「ピノキオ」、私が撮れたのはこんなんだけですけど…
CIMG1322
こぐま座の目が光っていると、テンション上がるなあ。
こぐま座のFBにたくさん写真が載っているので、この機会にぜひフォローを〜)
女王の人形が、こぐま座の屋上から花火をバチバチ噴出しながら木立の中へ消えていったのが最高でした。夏の夜の夢!
火曜日:沢則行『POHADKY(おとぎばなし)』をこぐま座で。

画像引用元 https://www.facebook.com/kogumaza1976/

画像引用元 https://www.facebook.com/kogumaza1976/


2009年に初めて見て衝撃を受けた、沢さんの小品集。
大人にとっての人形劇って、子どもの反応を楽しむ側面もあるなあ。「なんだなんだ、クレームか?」には笑いました…
水曜日はちょっと一休みして、
木曜日:糸あやつり人形劇団みのむし『ごろごろブーちゃん』をこぐま座で。
(私とみのむしの出会いはこちら。)
いやー、相変わらずの面白さ。ネズミの曲芸シーンは見入ってしまいました。あと、ピノキオと親分ネズミ?のバトルシーンも。
糸あやつりでバトル…糸が絡まないかドキドキです。
ちなみに「人形劇は子どもが見るもの」という思い込みは以前自分も持っていたのですけど、
(で、確かに、大人がプラッと一人で行くよりは、親子で見ておおいにホッコリしてほしい、というものもあるのですけど)
年齢問わず心を奪われる作品はあるので、家族で行くのはもちろん、大人一人こぐま座観劇もじゃんじゃん推奨したい。
沢さん、矢吹さん、みのむし、(他にもいくつか)
の人形劇は
子どもも大人も本当に楽しめる世界だと思います。あの技術と経験の蓄積はすごい…尊敬。
あ、8/5(金)〜8/7(日)にこぐま座で再演される『モイモイ・オーシャン・パラダイス』も、子どもも大人も楽しめる作品でっす。
この機会にぜひ〜
※スケジュールはこちらをどうぞ
あ、そして先日『オホーツク』のアフタートークに出た時にもらった、こぐま座40周年記念手ぬぐい。
CIMG1345
かわいい。早速使っております。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA