シアターキノ会員の更新がてらに、『CAROL』を見てきました。

人が恋に落ちる瞬間、とか
自分の身体にその人の身体の一部が触れたとき、そこに全神経が集中する感じ、とか
隣にいるときに、横顏の輪郭(まつ毛とか唇とか)を一途に見つめてしまうところとか、
どうしようもなく惹かれる人に出会ってしまったときの、ちょっとした視線や仕草を、とても丁寧に、濃密に、すくいとったカメラワークに本当にドキドキしてしまいました。
ケイト・ブランシェット演じるキャロルの(やや冷酷で鋭い)美しさは、もちろん凄みがあるけれど、
キャロルに「空から落ちてきた天使」と言わせる、ルーニー・マーラー演じるテレーズの澄んだ美しさも素晴らしい。
そして、
何より、
ラストの二人の視線!!!
どんなに障害や紆余曲折があろうとも、恋に落ちた相手を見つめるときはああいう表情になるのだろうし、
お互いがそんな風に最後見つめ合えるのなら、もう、ホント言葉はいらないっす。
あー
ホント、良かったなあ。
ふー。
それにしても、素晴らしい映画のサントラってなんでこんなに美しいんだ…(そして普通に全曲Youtubeで聴けるありがたさ)
今年は映画をたくさん見よう。
(編)
 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA