昨日はMIKU EXPO 2016 JAPAN TOURを見に、Zepp Sapporoへ。

初音ミクのライブを初めて見たのが昨年のSNOW MIKU LIVEなので、約1年ぶり。
そのときのブログに「舞台作品として楽しんだ側からすると、登場人物の動きにもう一工夫ほしいところではあります。」と書いたのですが、
今年は!
動きがかなり進化していて、楽しかったなあ〜。
曲名がわからないのでアレですが、冒頭からの2、3曲は、なかなかに気合の入った動きっぷり。いやーテンション上がった…
バグる表現も、ドキッとしますね。
欲を言うなら、初音ミクのヘッドバンギングとか、見てみたい。あの長い髪が激しく上下にたなびいたら、なかなかにドラマチックな気がしますよ。
アンコールの1曲目で髪の毛の表現に意気込みが感じられたので、ぜひ次回はヘッドバンギングを!(と偉そうに言う)
あとはー
MEIKOさんの肉感的な足の表現!あれは目を引きますねえ。(それこそ、意気込みを感じる)
ただ、下半身が肉感的になる分、上半身の動きがカクカクするとすごく目立つというか。トータルで肉感的な感じなると、MEIKOさんの登場シーンは相当盛り上がる気が。
あとはー
パーカーのフードをかぶったレン君?がギターを鳴らして歌うシーンでは、なんとなく、もし今この瞬間に停電になったとして、そうするとスクリーン上の彼は消えてしまうわけですが、
この「脆さ」って、別に人間でも同じことが言えるんだよなあ、と。
コンサートで観客の前に現れる彼らは、普段私たちが忘れがちな「生の脆さ」を意識せざるを得ない存在で、だからこそ人は惹きつけられるのかもしれません。
動いていることが感動的というか。
本当は、人間だってそうなのにね。
ふむ。
あとはー
余談ですが、開演前に2階席に伊藤社長が現れたとき、お客さんがサイリウムを振っていたの、なんかほのぼのしちゃったな。(伊藤さんも手を振り返してたし)
また次回も機会があったらコンサート、見に行きたいっす。
というか、一度海外でのコンサートを見てみたい!(盛り上がりぶりを体感したい)
(編)
 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA