『JRの映像展』を見た後は、ignore your perspective 32「Retro Nostalsia Fantasia」が開催中の児玉画廊へ。
伊藤隆介さんの『映画の発見』、素敵だったなあ。

あと最近知った高田冬彦さん!映像作品、おっかしかった…
彼は3月か4月に児玉画廊で個展を予定しているそうで、見に行けるといいな。
夜は地点×空間現代『ミステリヤ・ブッフ』をにしすがも創造舎で。
buff_flyer
地点の作品は、初めて観た『光のない。』もそうだったけど、自分のずっっっっと先にあるような作品で、こういうのに触れると無性にうれしくなってしまうんだなー。
そして空間現代は、10月に札幌で開催されたマンモス2015で初めてライブを体感し、衝撃的に大好きになってしまったバンド。
(↓これとか、最高じゃないですか。)

もう、この両者のコラボは格好良すぎました…終始しびれっぱなしでした。
そして『ミステリヤ・ブッフ』を演劇として観たときに、やっぱり自分のずっと先にある感じで、現段階では言語化がうまくできず。
いつかこの作品に自分の思考の追いつく日が、来るといいなあ。
(編)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA