お次は、ワタリウム美術館で開催中の『JRの映像展 -24fps』へ。
350w_rpgp
各階で1つずつ映像作品を上映していて、どの作品も冒頭から見れるようにうまく組まれている配慮がうれしい。(椅子もたっぷりあるし)
で、最初に見たのが『Les Bosquets』。

のっけからすごくいい。
次に見たのが『ELLIS』。

渡れなかった人たちの幽霊かあ…。
↑この2つもそうだけど、今回の遠出で強く印象に残った作品は演劇も美術もお互いがリンクするというか、期せずしてそういうものを選択できて、滞在中何度でも考えることができたところが幸運だった気がする。
最後は『Rivages』。

そして、16時〜18時の間に実施していた『Walking in NYC』のオキュラス映像(360度)を体験。
これはもうびっくり!!!順番待ちの人がいなかったら、何度でも体験したかったなあ。
ということで、次に続きます。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA