月曜日は、ニットキャップシアター『こんなにもお茶が美味い』をコンカリーニョで。
1443443743@2x
初・ニットキャップ。
本作の持つ、独特な時間(自分の普段より、ちょっと遅い)が印象的。
この作品を見た後に、「意思と時間の関係」に関する話を聞く機会があって、その話を聞いた後にまたこの作品のことを思い返すと、結構興味深いんだよなー。
特にネパールに行ってからのシーンは、人間と自然と精霊?みたいなものが交わる世界の時間、みたいなものが舞台上にあって、
ちょっと脳みそが睡眠状態っぽくなったのが新鮮でした。(眠くなった、という意味ではない。)
また公演を見る機会があるといいなー、と、思うカンパニーでありました。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA