9日(土)は近美終了後、一旦家に戻って慌ててsalon cojicaへ。
到着した時には営業時間が過ぎていたので、ざざっと走り見・・・(そんな言葉あっただろうか)。
もっとじっくり観ていたかった・・・のですが、いかんせん、まさにドアを出ようとしていた皆様を再びギャラリー内へ押し戻しての観覧ですので、早々においとま。
そして、いざattaへ。
9日は1日限りの『atta aid』が開催されており、20時からはお食事atta会が催されていたのでした。
新しくできたギャラリー内を早速拝見中、ふと上を見ると

徳田直之さんの『節電キュン』が。

力の抜ける風貌と存在感・・・思わずよろめきました。
田中佐季さんの作品にもやられた私。

好きな作家さんをまた1人見つけて、うれしい限り。札幌で作品を発表することがあったら、必ず観に行きます!
いろいろ気になりつつも、この日は樫見菜々子さんの作品を購入いたしました。
atta aidで印象的だったのは、結構作家さん同士が作品を買っていたこと。
以前どこだかで「札幌にアートマーケットは成立するのか?」みたいなテーマの話を聞いた時に、「何で札幌の作家さんはお互いの作品を買わないのか?」みたいなことが言われていた記憶があるのですが、自分の周辺を見てみると、結構作家さんも作品を買っているような気がしなくもなく。
その他にもいくつかあったアートチャリティーでは、なかなかに人が来て、なかなかに作品が売れたようなのですけど、チャリティーだったから足を運んでくれて、そして売れたのでしょうか。
通常の個展やグループ展でも、同じような感じになったら素敵なのですけども。
話変わり。
そんなこんなでアトリエの方に移動すると、仙庭さんがシールをくれましたよ。

なんとSTUDIO ROCCA制作のアニメ『ホッカイラジャーズ野球少年団』が、4/10(日)からスタートするとのこと。(見た人います?)毎週日曜の朝6:55から放映です。
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=QO2UPO5rYfg&feature=related[/youtube]
脚本、アニメーション、音楽など全てをROCCAで制作したこのアニメ、野球少年団ってあるのに野球のシーンが出てこない(仙庭さん情報)とか、ツボでした・・・
「道民向け雑学アニメ」なのですって。
と言ってもドゥビ家にはテレビがないもので、観た人は感想をお待ちしております。
夜が更けるとともに、ゆるやかに盛り上がるアトリエ内。

人たくさん。

GIGANT編集長のモンマさんもいらっしゃっており、先日無茶ぶりした『現代アニメーション総進撃!』のレポートを早速書いてくれたとのこと。すごっ!
めっちゃ面白いレポートです。今すぐこちらをチェック!
(あ、モンマさん、Happy bogeysでは私も「脳内閃きアニメーションクイズ」やってました。全然当たらなかったけど)
そしーて、この日は齋藤周さんから、以前購入した作品を引き取り。

『ひと夏』というタイトルのこの作品、本当にうっとりしてしまいます。今はまだ仮の場所に置いてあるもので、週末にでもじっくり飾ろうかと。
明日も素敵な作品を引き取りです。
よいよい。
(編)

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA