土曜日はOrgan Works『TSURA』を。
CA1eXGeUsAAWgCp
ダンサーが横一列に並んで、人の表層から深層を視覚化したシーン、面白かったなあ。
一番奥深くにあるもの(滅多なことではなかなか動じないもの)=その人の一番大切な部分、だと思うと、ゴツッとした体格の平原さんがそこを表現していたのは、とてもしっくりきました。
逆に、そこが激しく揺れ動く瞬間も人にはあるもので、
そういう、人が抱える「存在の危うさ」みたいなものも、なんとなく平原さんだとしっくりくるんだな。
あとは
ダンサーさんの一見地味なのだけど目を引く動きとか、そういった細部で集中できた箇所はもちろんあるのだけど、
数人が入り乱れる大きな動きのときは、ちょっと集中力が切れてしまいました。
5、6人以上で(しかも早いスピードで)舞台に緊張感を生み出すのって、難しいのかな。難しいのだろうな。
本作から思考をフル回転する部分は十分味わえたので、思考が追いつかない、けれども肌で感じる何か、みたいなところの密度を、もっと濃く欲しかったです。
帰りはライターの岩﨑真紀さんと駅まで一緒に、では足りず、ドゥビ家に立ち寄ってもらってあれこれお話。
岩﨑さんは主に農業の分野で書くことに情熱を注ぎつつ、KAIや北海道文化財団、演劇シーズンのゲキカン、2014年からはTGRの審査員も務めていらっしゃる方。
大体のことがぼんやりとしている私は、彼女と話すと「なるほどなー」と霧が晴れていく感覚を味わえるのでとても楽しい。
良い時間でありました。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA