本日初演の 人形劇&オペレッタ『雪の国のアリス』
10947177_765380300195836_1590420158236203010_n
先日稽古を見に行って、楽しみにしていた公演です。さて、どんな感じになったかなー?
早速18:15の回を見るべく大通公園西5丁目に向かうと、ステージ裏側に何か大きい人がいましたよ。
DSC09055
(この大きい人、通行人からカメラを向けられると快く撮影に応じていました)
表に回って、開演前のステージ。高まる期待。
DSC09056
最初に、歌い手の方と演奏チームが出てきます。
DSC09057
エゾシカ風かぶりものを見た隣の人たちが、「せんとくん?」とこぼしていたのですが、確かに…
そしていよいよスタート。
と思っていたら、「わー」と思っているうちにあっという間に終了。これは二回目も見るでしょう。
30分ほどの待ち時間は、「大雪像で人形劇」を4年越しで実現させた札幌市の星・北川さんとあれこれお話。
DSC09058
感慨深げにステージを眺める図。
そんなこんなで二回目のスタートです。今度は後方から鑑賞。
まず冒頭は踊るエゾリスキッズたち。
DSC09059
かわいらしいですねー。
本作、一回と言わず何回か見てほしい理由はですね、
一回目はどうしても目が舞台上の中心に行くのですが、端っこの方で、エゾ時計うさぎがいい動きをしているんですよ。「シェー」とか。
DSC09064
このうさぎ、全くジッとしていません。何か味のある仕草を、ひっそりしています。
あとふくろうね。
DSC09065
美声はもちろんですが、最後の方にステップふんでいる姿もなかなかに目を奪います。
(終演後、近くにいた女子大生のグループが「ふくろうのおじさんが左右に動いているの、めっちゃかわいかったー」と話していた)
あとですね、このふくろう、あるシーンで一回目は普通に北海道弁だったのですけど、二回目では地味に北の国からの五郎風だったんですよね。
各回によってキャラクターを使い分けているのでしょうか…?(三回目を見た人に聞いてみたい。)
最後の方のアリスの歌声も素晴らしく、何回聴いてもぐっときます。きっと帰り道「ようよう〜」って口ずさんでいる人多いんじゃないかなー。
そんなこんなで、8分という短い上演時間の中にも見所たくさんの『雪の国のアリス』。
雪まつりの期間中、毎日18:15~ / 19:00~ / 19:45~ の3回上演です。
お 見 逃 し なく!
(あ、8分と言えども超冷えますので、カイロは必須かと!)
※2/8追記:予告編が上がっていました。

※2/13追記:2/10に再鑑賞。初日からぐっと洗練されて、さらに良くなっておりました。
youtubeに最終日(2/11)の最終回の様子がアップされていたので、見れなかった人はぜひ!8分間の夢のような世界です。

本作、稽古を見たときに「札幌の宝になりそうな気配濃厚な作品」と書きましたが、まさにその通り「札幌の宝」になったのでは。
もう、この作品で世界中の雪のお祭りに巡演して回ったらいいんじゃないかな。「from札幌」みたいな感じで。
こんな作品が生まれる札幌は、本当に良い街ですね。
(編)
 
 
 
 
 

 

2 Responses to さっぽろ雪まつりで『雪の国のアリス』

  1. のりさわ より:

    におちゃん、ありがとう!ブラッシュアップして行きます。また、来てね!裏の楽屋にも!

  2. (編) より:

    素敵な作品をありがとうございます!終盤また見に行きまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA