まず最初に、文章を担当している「SAPP‿ RO」(サッポロスマイル)公式ウェブサイトのコンテンツ「PROJECTS」。
が更新されたので、お知らせです。
人形劇や子ども向けの演劇を上演する、子どものための劇場。
スクリーンショット 2015-01-15 10.58.56
ご紹介したのは、札幌市こども人形劇場こぐま座と、札幌市こどもの劇場やまびこ座。
取材当日、私以外のスタッフは初・やまびこ座&初・人形劇(というか矢吹さんが撮影のためにちょちょいと人形を動かしてくれた)で、
やっぱり実際に間近で見ると、「人形劇、見に行きたい!!!」とスタッフ興味津々。取材以降、人形劇熱がにわかに高まっております。
ちょうど1/24(土)-25(日)にはやまびこ座で、やまびこ座・こぐま座のプロデュース公演『新★アイヌ・ラッ・クル伝』がありますので、
IMG_3772
興味を持たれた方は、ぜひ足を運んでみてください。(スマイルの記事はこちらからどうぞ)
他にも、会場はやまびこ座・こぐま座ではないけれど、館長矢吹さん(札幌人形劇界の宝)が関わる見逃せない人形劇公演として、
★2/21(土)-22(日)には、矢吹さんが代表を務める札幌人形浄瑠璃芝居あしり座の20周年記念公演が教文大ホールで、
★3/14(土)-15(日)には、沢則行さんによる現代人形劇『OKHOTSK(オホーツク)』が同じく教文大ホールであります。
現代人形劇?と思った方は、★2/5(木)-11(水・祝)に開催されるさっぽろ雪まつりで、沢さんが芸術監督を務める人形劇&オペラのステージ『雪の国のアリス』を試しに見に行ってみてください。(これ、相当注目されておりますよ)
—————-
どれもこれも楽しみ!
札幌、人形劇の何度目かのビッグウェーブ、来ているのではないでしょうか。
要チェックですよ〜
(編)

 

One Response to 札幌は人形劇がアツい。プラス、2015年1〜3月の注目公演を。

  1. […] さん作のエゾ時計ウサギを三人遣いするのが矢吹さんとあしり座のメンバーです。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA