2014年に見たり聞いたり、いろいろした中で、来年も個人的にチェックしていきたいなと思うヒト・モノ・コトをご紹介。今回は【音楽】、【映像関連】、【美術関連】です。
【音楽】
DEXTURE PRESENTS 「TAMBURO
今年9月に開催されたvol.1が、自分的に良いライブ体験だったので。TAMBURO(タンブーロ)は、DEXTUREの久米井さんと他お二人のスタッフで企画されているそうな。vol.2が4/19(日)にmoleで開催決定だそうです。楽しみですねー。
PROVOの吉田龍太さん
動き出しつつある新しいプロジェクトに、大変ワクワクしました。
ってことを書いたエントリーはこちら
weired-meddle record
実店舗はなくなりましたが(かつ店主は東京へ引っ越してしまいましたが)、どっこいネットショップがオープンしております。これからもいろいろおすすめしてほしいな。
【映像関連】※ちょっと違う映画体験をしたいなら、この二人の名前をチェックしておいてくださいまし。
大島慶太郎さん
フィル・ソロモン作品集『溶けるフィルム・粒子の渦』や『Faraway, So Close!』など、普段あまり見る機会のない実験映画を紹介してくださるお方。貴重!
さらに言うと、伊藤隆介さん(2015年2月まで札幌宮の森美術館で個展開催中)の存在が大きいのだろうな。尊敬。
小野朋子さん
以前、『ジユウダイ!』のシゴトいろいろにも登場して頂いたお方。今年第一回目を開催し多いに盛り上がった新千歳空港国際アニメーション映画祭の運営にも携わり、
年明け1/23(金)-24(土)には札幌初開催!の「札幌爆音上映」が控えております。
シゴトいろいろでは「その場でしか味わえない鑑賞体験をつくるシゴト」として紹介しましたが、本当にそうだなと。
【美術関連】
salon cojicaconeco bld.
弁護士でもありアーティストでもある川上大雅さんと、CAIアートスクール9期生の小坂祐美子さんがディレクションを務めるsalon cojica。12月に移転オープンし、1/31まで『from the first to the third』が開催中。
私もまだ展示は見ていないので、年明けのんびり行ってこようと思います。コーヒースタンド「COJICA COFFEE」も楽しみです。
ディレクター二人を紹介した、作家や作品の「価値」を高めるシゴト、も併せてどうぞ。
TO OV cafe
初めて作品を買うなら、TO OV cafeはとてもいいと思います。支払いから受け取りに至るまで、きちんと作家さんとの間に立って仲介してくれて、ちょっとしたことも親切に相談に乗ってくれます。(カフェ エスキスもそういう意味で安心感あり。)
お店で開催されるイベントもずいぶん幅広いので、つい足を運んでしまうグッドスペース。貴重!
ちなみに、1/4~1/12はギャラリースペースで「新春、アートフェア(仮)」、1/14からは佐々木恒雄さんの個展が開催されますよ。(彼は以前「madebyhumans」で購入&紹介しました)
ART AleRT SAPPORO

2015年1月15日にオープンする、札幌を中心としたアート、カルチャーの情報発信ウェブサイト。
「札幌市内の美術館、ギャラリー、劇場などの施設情報を一覧にして集約し、各施設の展覧会、舞台、上映会、ライブなどのイベント情報を発信すると同時に、見る人のニーズに合わせて情報をいち早く見つけられることをコンセプトとしたサイト」とのことで、首を長くして待っておりました。
便利になりますねえ。
————————————
長くなってしまったので、一旦おしまい。
次に続きます。
※2013年のヒト・モノ・コトはこちらからどうぞ。
(編)
 
 
 
 
 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA