いよいよ明日でございます。
先ほど一足お先に搬入から帰宅。ということで、開催前夜のあれ、いきます。
まずは午後に近美へ戻ってみると、控え室に巨大な鍋が。

どなた様の差し入れだったのでしょう?確認できず。
そしてちょうど戻った時にお昼ご飯を食べていた、奥のお方は、

伊東篤宏さんです。
作品から、勝手にちょっと怖い人をイメージしていたのですが、めっちゃ気さくな方でした。
学生さんにも、とてもフランクにお手伝い内容を教え中。

学生さん、レッツ・トライ。

こちらでも教え中。

はい、レッツ・トライ。

搬入を終えた石倉美萌菜さんは、爽やかな笑顔で。

この隣に巨大な作品が展示してあるのです。こちらは来てからのお楽しみということで。
こちらはTOCHKAのナガタタケシさん。

作品を見ながら話し合い中の、結城幸司さんとチームの皆様。

結城さんの作品、素敵です!
『酔っぱらいゴーズオン』が急遽中止になってしまった札幌ハプニングの山下智博さん。明日4/2(土)16時からのアーティストトークで、その経緯を説明するそうですよ。

何やら弦巻さんと企んでいるような雰囲気でした。皆様、明日の16時に会場に来た方がいいと思います。
ちなみに、今日の山下さんのループタイはアスパラガス。

中国で買ったのですって。(売っているんだ・・・)
磯崎道佳さんのドームを覗くと、早速机に言葉を彫る方々が。

左手前がAISプランニングの漆さん、奥が同じくAISプランニングの小林さん、そして右が午前の部にも出てきた田中裕子さんです。
机にはすでに、いくつか言葉が彫られておりましたよ。


うんうん。
彫ってある言葉をこすり出すと、こんな感じ。

私も彫ってみました。

ドーム内に設置してあったアンケートに、「アート、美術、ビエンナーレで一句」という項目があったので、そこに書いた言葉を。

これ、意外と楽しいです。ドームの中に入るとワクワクしますので、ぜひたくさんの人に入ってほしいものであります。そして彫ってほしいものであります。
午後は結構たくさん写真を撮ったので、引き続きばーーーっと。
まずは学生ボランティアの皆様。の一部。

マイクテスト中のカジタ君。

磯崎さんとお話しているのは、副実行委員長の中森さん。

昼間の控え室の混沌さ具合がわかる写真ですね。今はきれいですよ。
キャプション制作中の二人。

ダンススタジオマインド(舞人)のリハーサル風景。

明日17時からのオープニングレセプションでは、熊谷拓明さんとのパフォーマンスもあります。
お楽しみに!
のびアニキさんチームは、モニターフォンを見つめ中。

入り口入ってすぐのところです。ぜひチャイムを押して、のびアニキさんと遊んでくださいね。
ちなみに左側の黄緑の方、カメラマンの小牧寿里さんです。
記録撮影でいらっしゃったにも関わらず、搬入のお手伝いまでしてしまうという・・・そんな人いませんよ、ホント。素晴らし過ぎです。
搬入を終え、帰宅するところの磯崎さん&伊藤隆介さん

このあと一緒にご飯を食べに行ったようです。いいないいな。
あ、隆介さんの作品は必見です。観ているとゾワゾワします。私はつい長居してしまって、部屋から出た後、ちょっと頭がボーッとしてしまいました。
作家さんも一人減り、二人減り、みんな「これからご飯を食べに行くぞー」ってな感じで、爽やかに帰った後も、会場では準備が続いているのです。
こんな感じで端さんが移動していたり、

「光の魔術師」今村育子さん(黄色いスニーカーの人)の指示のもと、照明を試行錯誤したり。

ようやく中村さん(ポンポン帽子の人)が働き出したり。

いやあ、皆様お疲れ様でした。(もしかしたらまだ会場では設営中かも・・・)
『美術館が消える9日間』、明日9:30よりスタートです。
オープニングレセプションのTOCHKA、contactGonzo、祭太郎、熊谷拓明&ダンススタジオマインドのパフォーマンスを見逃すのは、もったいない!
チケットをお持ちの方でしたら、どなたでも入場できますので、ぜひ!お待ちしております!
(編)

 

2 Responses to 『美術館が消える9日間』前夜

  1. kohei sasaki (not/c) より:

    おつかれさまですー。いよいよスね。
    何回か顔出すことになると思います。楽しみ。

  2. (編) より:

    はいー。ありがとうございます!
    ぜひ何度でも。
    お待ちしておりまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA