所用で自宅へ戻ってまいりましたので、午前の準備の様子をご紹介。
展覧会の舞台裏 ボランティア編です。
なんと昨夜、札幌ビエンナーレ・プレ企画の公式ツイッターアカウントに返信をくれて、急遽本日お手伝いに来てくれた方がいらっしゃいました。
高校生のキョウミさん(右)です。

素晴らしい行動力。
ということで2枚立て続けにご紹介。黒田さんとお話中のキョウミさん。

こちらは大谷の学生さん二人組。

左が伊藤沙弥香さん、右が土岐美沙貴さんです。「展覧会のボランティアは初めてですけど、裏側を見ることができて面白いです」とのこと。フレッシュな笑顔が素敵ですね。
午前中はゆったりしていたので、もう一人コメントを取ってみました。
今春CAIアートスクールに入学予定の山口大輔さん(左)。

に、作業工程を教え中の今村育子さん(右)と、それを覗き込むのは中村さん
山口さん曰く「なかなかハードです。けど、面白いです!」とのこと。
会場には、他にも昨日に引き続きたくさんのお手伝いスタッフが。
まずは田中裕子さん(左)と先日の未来展にも出品していた伊藤直美さん。

壁に貼る写真を並べ中の、TOCHKAモンノカヅエさんと、ボランティアスタッフの皆様。

散らかりがちな会場を掃除してくれていた、大学院生の吉田浩気さん。

今日も組み立て中な初音“スクラッチ”ミクの展示スペース。

川内優加さん(右)は、その他の作業スタッフに指示しながらてきぱきと進行されており、大工仕事に不慣れな自分は遠くからそれを見守っております。素敵女性です。
ちなみに、今日彼の本格的なカメラを借りて行ってはみたのですが、どうにもこうにもうまく使えず、結局自分の超しょぼいWEBオンリー対応のカメラで撮影してしまいました。
「このカメラ、うまく使えないんですけど・・・」とぼやいていたら、設定を確かめてくれたこんの君

結局、この後、放棄しましたけど。
本日わざわざ有休をとって、お手伝いに駆けつけてくれた電通の藤原さん(プレ企画運営委員)。

は、何やら座り込んで携帯でメールを送り中。後ろの作業中の二人との対比が妙に面白かったです。
そして最後は、インターフォン組み立て中ののびアニキさん

午後からは、きっとお手伝いスタッフとともに作業するはず。
今日以外にも、展覧会では展示の監視スタッフや、アーティスト磯崎道佳さんの「刻隊」スタッフなど、まだまだ募集中です。あと搬出も?
興味を持たれた方は、ぜひプレ企画公式ツイッターアカウント宛に返信、あるいは会場で直接スタッフに問い合わせてみてくださいね。
(編)

 

One Response to 展覧会の舞台裏 ボランティア編

  1. 電通の藤原です‼ より:

    有給取って手伝いに来ました…役に立ってません。土日は、会場にいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA