本日、午前中から江別へ下見。
のあと、会場設営中の北海道立近代美術館へ向かいますと、目に入ってまいりましたよ、高橋喜代史さんと子どもたちによる「パタパタ・ワークショップ」の旗が!

近くで観るとこんな感じ。

ちなみにこの150本の旗は夜になるとしまってしまうので、日中じゃないと観れません。出し入れをお手伝いしてくれる方、もしいらっしゃいましたら、会場にて声をかけて頂ければ。
美術館の中に入って、まず真っ先に見たのが、昨日白く塗りまくったベニヤ板。

頑張って塗った甲斐がありましたよ・・・
黙々と取り付けてくれるHANDMADEの皆様。

日野さん!お世話になっております!

この移動壁が重いのです。いやはや大変。

こちらは記録映像上映コーナーを設置中の、札幌ハプニング弦巻啓太さん(左)と弦巻楽団の役者さん(すみません、名前を聞き忘れました)。

チームワークばっちり。(足蹴にされているのは、最近パーマをかけた山下智博さんです)

ちなみに、このコーナーの向かいは、のびアニキさんの展示スペースであります。
のびアニキさん、搬入中のはずですが、余裕しゃくしゃくです。

そんなのびアニキさんを激写するカジタ君

楽しげですね。
佐野さんも大忙し。

あ、チQさんだ。

「ワクワクしてきたぜ!」とコメントを頂きました。
あ、足場ごと移動中のHANDMADEチーム。

初音”スクラッチ”ミクの展示スペースには、知っている人たちがたくさん。

これからどうなるのかが楽しみ。
先日作ったドームを前に、何やら打ち合わせ中の磯崎道佳さんチーム。

巨大ドーム、実際に見てみるとテンション上がります。
刻隊もまだ間に合いますので、気になった方はまずはこちらの詳細をチェック!
あ、高橋幾郎さんだ。

あ、お揃いのTシャツを着ている二人。

あ、黒田晃弘さん

余談ですが、黒田さんは竹を切るのがめっちゃ早かったです。

私やチQさんや斉藤幹男さんが3分か5分(←これは私)くらいかかるのを、黒田さんは10秒くらいで切るのです。すごっ!
こちらは暗幕を取付中。

この脚立の一番上とか、結構な高さですよね。地味に怖い・・・
あ、鈴木涼子さん(右端)。

ここに、どんな作品が展示されるのでしょうか。これまた楽しみであります。
最後はTOCHKAの展示スペースをば。この右側にローングなスペースが広がっています。

右端がTOCHKAのモンノカヅエさん。中央は4/3(日)11:00〜『現代アニメーション総進撃!』を控えたATTICの小野さん。何だかお姉さん的なポージング。さすが。
私はちょっと自宅仕事が残っているのと、夜別件があるので、17時くらいにおいとまいたしました。
明日は9時からばしっと搬入お手伝いをする予定です。
4/2(土)の初日を前に、盛り上がってきましたよ、『美術館が消える9日間』
展覧会の舞台裏 搬入編もどうぞお楽しみに!
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA