遠出のお供は、梨木香歩さんの『冬虫夏草』。
DSC08396
 
くすみ書房の友の会「くすくす」特典で送付される情報誌「くすくす」で、久住さんがお勧めしていた一冊ですが、多分くすくすを見ていなかったらまず出会わなかっただろうなー。
「くすくす」経由でチョイスした小川洋子さんの『原稿零枚日記』
DSC08397
もそうですが、エッセイ風で、現実とそうじゃない世界をひょいひょい行き来する感じが何とも面白い。
そして、二人とも「そうじゃない世界」の描き方が、とても魅力的。
冬虫夏草だったら、自然界と地続きな、「もしかしたら、本当にこんな風に、昔の人たちは暮らしていたのかもしれない」と思わせる世界というか。
実はどちらもまだ途中なのですけど、その理由は、読み進めるより何度も読み返してじっくり味わいたい類いの本だからで。
いやあ、良い本に出会えて良かった良かった。
今年の分の友の会の手続きもしないとなー。
これまた、「くすくす」に入ってなければまず買わなかったであろう、伊集院静『ノボさん』も素敵な一冊でした。
DSC08398
どの本にもリンクを貼っておりませんが、気になった方は、ぜひくすみ書房でお買い求めくださいませ。
ではでは。
(編)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA