2/8(土)-9(日)にサンピアザ劇場で開催される若者舞台芸術祭2014「Sapporo MixArt」の稽古を、先日ちらりと見学させて頂きました。
昨年『ジユウダイ!』のREPORTコーナーでご紹介したこの取り組み(記事はこちら)、今年は新しい参加者も多数で、いろいろパワーアップしている感が。
この日のぞいたのは、劇団オガワを中心としたMIX作品と、劇団ラフスパイスを中心としたMIX作品。
参加している高校生の方々から、現時点での興味深い感想なども聞きつつ。
劇団ラフスパイスを中心とした作品の方はいくつかのシーンも見ることができたのですが、やたらとウケてしまった自分…
踊りのシーンも面白かったな。本番が楽しみです。
近くなったら、またこちらでご紹介しますね。
今日は人形芝居燕屋グリムのかばん』をこぐま座で。
なんと『茨姫』と『赤ずきん』をテーブルウェアのみで展開。これは新鮮。
アク取りが魔女の一人で、「お姫様をすくうことはできませんが、アクを減らすことはできます」ってくだりとか、
お姫様を救おうとやってきた若者の一人はハサミが演じ、「心配入らない、お金はある」と言ったあとの「チョキン!チョキン!」とか、笑った…
なんと素晴らしい言葉遊び。大人も大満足であります。
書き仕事の間の、良い気分転換になりました。
(編)
 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA