日曜日の二本目。words of hearts『Scramble Eve』@パトス。
——————————————–
クリスマスイブ。
浮かれている街中で、雰囲気にまるで馴染めない人々があちこちの片隅で息を潜めて過ごしている。
悲しさ、寂しさ、悔しさ、やるせなさ。
そんなどうしようもない気持ちを抱えた人々がイブに感じる小さな奇跡の物語。
(劇団ブログより)
——————————————–
ほぼ素舞台だったので、役者さんだけでその世界をガッシリ成立させないといけないわけですが、ときどき不安定さが見えて、それが少し苦しかったなあと。
でも、友達の彼を奪った女の子とか、園長さんとか、いい感じでした。(個人的に楽太郎さんを久しぶりに見て、うれしかった)
今回は群像劇でしたけど、
1シチュエーションとかで人数ももっと少なくして、今作のような手触りの作品を見てみたいな。
「ちょっとだけ幸せな気分を抱えて」劇場から帰ることができるって、素敵なことですよね。
TGRの最後の観劇が、そういう作品で良かったなあと思いました。
(編)
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA