金曜日の二本目。チェーホフ劇場『私の人生』@シアターZOO。
stage38905_1
 
A.P.チェーホフ記念サハリン国際舞台芸術センター(通称:チェーホフ劇場)で2013年3月に初演を迎え、このたび札幌はシアターZOOにやってきた本作。
演出は、モスクワで活躍中の演出家、ヴャチェスラフ・トィシューックさん。
なんでも、2009年に北海道演劇財団とチェーホフ劇場、ロシアサハリン州文化省の三者が交流協定を結び、同年9月にチェーホフ劇場が主催する「チェーホフ生誕150年祭」に劇団TPS(現札幌座)が参加、『秋のソナチネ』を公演。
その流れで、今回のチェーホフ劇場の札幌劇場祭参加が実現したようです。(初の札幌公演!)
演劇財団に拍手。
ということで、チェーホフ劇場。
含蓄に富むチェーホフの小説を、これまた幾通りにも使える美術とともに、知的に舞台化。
「ああ、演劇っていいなあ」としみじみ思う、良い時間でした。
あと、フランスにいるときもよく思うのですけど、外国の方って表情がチャーミング。注意を引くときの「プスッ」とか、こういう異文化を札幌の劇場で楽しめるっていいなあ。
ロシアの方も客席にたくさんいらして、違う国の人と同じ時間を共有できるってのもいいなあ。
シアターZOOでは韓国の劇団も公演をしていましたし(私は見れなかったのですけど)、いろいろな国の劇団が札幌で公演をするようになっていったら最高ですね。
札幌、何だかいい感じになってきた気がしませんか?
妙にワクワクしてしまった帰り道でした。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA