今日から始まった第8回札幌国際短編映画祭、のオープニング・プログラム『第16回文化庁メディア芸術祭受賞作品 -映像プログラム-』を見に札幌プラザ2・5へ。
eigasai
狸小路内、ずらりと旗で飾られておりました。
新井風愉さんによる永野亮『はじめよう』のMVとか、のっけから楽しい。

合田経郎さんの『ぼくもくま』もラブリーだったなあ。
一番「おお!」となったのは、水尻自子さんの『布団』。

触覚に訴えてくる映像で、気持ち良いことこの上なし。淡白な線なのに、官能が漂ってくるあたりもツボでした。
こちらはアニメーション部門の新人賞受賞作品とな。
大友克洋さんの『火要鎮』も格好良かったです。

「火消」のことってあまり詳しく調べたことなかったのですけど、この作品を見たら俄然興味が。
火事場周辺の建物を壊して、延焼を防いでいたのだなーとか。
今度、江戸東京博物館にも行ってみよう。
夜は、札幌芸術文化史 公開トークへ。
talk
あっという間の1時間半でありました。ふむ。
帰りに、同じくチ・カ・ホ内で開催中の、アートプロジェクト[PARC2:MY CLUB]をチラ見。
parc
ゴルフクラブをつくるって楽しそう…
こちらは15日(日)まで開催中。ぜひのぞいてみてください。
(編)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA