昨日、ジユウダイ!のREPORTに一つ追加。
6/1に開催された、中学校文化連盟(中文連)演劇ワークショップの様子です↓
「市内で精力的に活動する演出家・俳優たちから学ぶ時間」
札幌市内の11校計173名が参加して行われた本ワークショップ。
演技コースの講師を務めたのは、演劇ユニット イレブン☆ナイン代表の納谷真大さん、WATER33-39代表の清水友陽さん、劇団千年王國代表の橋口幸絵さん、yhs代表の南参さん
と、豪華なメンツ。
本文ではその一部にしかふれておりませんが、このとき、清水さんが中学生にお話していた内容にとても共感しまして。
彼の作品は、札幌座で演出を手掛けた『デイヴィッド・コパフィールド』を見たことはあるものの、WATER33-39の作品はまだ見たことがなく。
なもので、20日(木)からの公演『昨日明日協議会』×『休暇』を見に行ってきます。
楽しみだな。
REPORTも、ぜひご覧くださいませ。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA