昨日は、資料館をARTするにも立ち寄り。
伽井丹彌さんの人形…半端ないです。(特に向かって右側)
販売スペースの、渡邉希さんの一連の小作品も魅力的。あのシリーズ、好きだなあ。
あとは、松隅無憂樹さんも気になりつつ。って女性ばかりですね。
本展は2/3(日)まで。週末は音楽のライブなどもありますよ。
そして今日は、クロスロード「蔵」へ。
到着したときは43°のライブ中でした。(ちなみに彼らは、資料館をARTするでも、2/2にライブあり)
歌詞中に札幌市営地下鉄の東西線が出てくる『地下鉄』という曲、良かったです。札幌で歌を歌うって部分で、聴き手の中に物語が広がるような、そんな世界。
雑貨スペースはと言うと、
自分はアクセサリー類を全く付けませんし、今となっては本以外のモノ購入欲もないもので、眺めて終わりではあるのですが、
廃材や骨董品、アンティークパーツなどを使用した「Pisnowar」というブランドのアクセサリーは、そのメカっぽい佇まいがいいなと。
機械式腕時計にウットリする方なんかに、お勧めしたいものであります。
それにしても、このクロスロード「蔵」。
600円で7組ものライブを聴けるなんて、ずいぶん太っ腹なイベントではないですか。しかも、一日出入り自由で、たくさんの作家さんによる雑貨も楽しめますし、カフェブースだってあり。
いやはや。企画されているのは、フォーンズ合同会社、というところとな。
早速HPを見てみたら、これってお一人でなさっているのでしょうか???
なんとエネルギッシュな…
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA