今年最後の遠出、のお目当てはバットシェバ舞踊団『Sadeh21 -サデ21』でした。
の前に、前日見たものから。
まずは森美術館で開催中の『会田誠展:天才でごめんなさい』を。

初期の代表作から、最新作を含む約100点が展示。
いやあ…
すごいな、と思う反面、何だか日本社会の気持ち悪い部分にあてられて、グッタリです…
昔は何も感じずに馴染んでいたものが、最近はもうめっきり拒絶反応。いやはや。
どうにもぐったりしてしまったので、
夜ご飯をのんびり食べて『テラヤマ見世物ミュージカル 地球☆空洞説』へ。
本公演の開始場所は中池袋公園でした。
普段上ってはいけないところに上ることができるのって、楽しいですよね。
そして隣の豊島公会堂へ誘う音楽隊。
本作品。何と言っても、総勢50余名の出演者の迫力たるや。
客席の通路も存分に使い、ダイナミックに空間を変容させていくのが実に気持ち良い。
元々の音楽が坂本弘道さんによってアレンジされた演奏も素晴らしく、
プラス

DRASTIC DANCE “O”前田清実さんによる振付も、かなりテンションの上がる感じで。
あの舞台上のうねり、ホント最高。
プロジェクションマッピングを用いた演出も、自分は舞台作品で見るのが初だったので新鮮でした。
大満足で一日目、終了。
次に続きます。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA