来月少しだけ見に行く予定の、フェスティバル / トーキョー
には、
今年新たに立ち上げられた『ブログキャンプ in F / T』という、舞台芸術の言論に携わる若い批評家やジャーナリストなどを育成するための企画があります。
先日ブログテーマが発表されたのですが(リンク先のトップページに掲載されています)、見た瞬間に、ああ、すごいな、と。
一つは、演劇はここまででき得るのか、という興奮。
もう一つは、こうやって作品と対話できたらいいなあ、という羨望です。
作り手にも見る側にも、(多分)かなりの刺激になるのではないかと思うので、ぜひ一度のぞいてみてください。

さて。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA