彼の実家へ移動する日。
は、
ノール駅でしばし電車待ち。
大勢の人が行き交う中で、一番目を引いたのが下↓の彼。隠れて見えませんが犬同伴です。

この雰囲気、好きだなあ。
彼の実家のあるSt-Omerは、パリから電車で2時間半ほどのところにある、Nord Pas de calais地方の小さな町です。
家に着くと、猫が迎えてくれましたよ。

かわいい…

St-Omerに着いてからは、日がな一日、中庭で読書にふけり

長ーい食事を楽しみ(↓よく座っていた席からの眺め)

(今回はだいぶ会話の内容がわかったので、つらくなかったです)
夜も語らい

家のいたるところをしばし眺めてはうっとりし

うっとりし

うっとりし

まだうっとりし

近くの森を散策したり

馬に出会ったり

↑彼女は3歳から馬に乗っていて、乗馬歴13年とな。すごっ!
TO OV cafeの恵さんにプレゼントするための石を探したり(向こうに忘れてきたけど)

これまた近所を散歩したり

田舎の別荘(?)に行って(ちなみにこの建物は、元学校だったそうな)

走ったり

大きな扉に惚れ惚れしたりしました。

ギヨームも昔ここに住んでいたそうですが、現在(特に2階は)何とも言えない感じになっております。

初めてこの家を訪れたとき、階段から落ちましたっけ。
いやそれにしても、
こうやって我が家に帰ってくると、つい2日前までここにいたことが信じられないというか、まるで夢を見ていたような感覚です。

お義父さんのfacebookから拝借。


楽しかったなあ。
いやホント
楽しかったなああ。
もはや遠い目…
(編)

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA