シアターキノのHPに掲載している、インタビュー連載『Figures of Sapporo Art and Culture』
本日更新しました。
第13回は、コンカリーニョの斎藤ちずさんです。インタビューはこちら
95年から98年にかけて「大通公園テント芝居」なるものが催されていたのですねえ。全然知りませんでした。
それにしても、前回の千田さんのインタビューから3カ月も経っているとは…こう時間の過ぎるのが早いと、気付けば年末とかになっていそうで怖いです…
でも4月からは、のんびりするのであります。
てんこ盛りな日々よ、さようなら。
(編)

 

2 Responses to 斎藤ちずさん(NPO法人コンカリーニョ理事長)インタビュー

  1. エゾ三毛猫 より:

    キノのインタビュー、楽しく拝見しました。
    魴鮄舎、懐かしいですね。大通り公園で
    打たれたお芝居は、両脇を通る自動車の
    音やら通行人の声が、はっきり聞こえて
    なんだか新鮮でした。
    昔のコンカリーニョで斉藤歩さんがいた頃
    「俯しのビアホール」という音楽満載だった
    お芝居では、小屋の中に小川があったり
    雨が降ったりと、そのシーンは今でも覚えて
    います。

    • (編) より:

      小川のこととか、人から聞いて「へー」と。そして、そういったいろいろなものを
      実際に見れているエゾ三毛猫さんがうらやましいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA