昨夜はぷらっとトロンハへ。家から歩いて15分くらいで来れると、気軽でいいですね。
到着したときには、木野君が「FAKAMAKAYA」という名前でDJをしておりました。

最近この名前だそうです。
そんなこんなで、しばし永田塁さんとお話。

ドラム缶について、あれやこれやと質問してしまいました。今度東京でもパフォーマンスをするそうですよ。
話変わり、TOWER RECORDSが出している『bounce』

昔はめっちゃ熟読し、中でもピープル・トゥリーとかが大好きで、よくこれを参考にCDを買っていたのであります。自分の気に入ったアルバムは、紹介文を書いていた方の名前を覚えておいて、次号でもその人の推薦しているものを買ってみたり。
そんな自分にとっての教科書的なbouceに、記事を書いている大作さん。ステキ。

の、担当されたベース・ミュージック特集。

こちらは複数の方が書いていらっしゃるのですが、わりと「この人、呑みながら書いていたのか?」というような文体の場合は大作さんだったりします。
ベースブリブリ&おケツフリフリ…自分には絶対真似のできない、この軽やかで楽しげな表現。さすがです。
これ書いたとき、呑んでましたよね?
そんな大作さんは、タワレコのクラブミュージックコーナーにいらっしゃいますので、年末年始はぜひCDを買いに行ってみてください。
帰りにはウィアードメドルなどにも寄って、CD三昧な一日というのも、またよろしいのではないかと。
私も久しぶりに音楽熱が高まってきたので、いろいろ買うぞー聴くぞー
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA