昨日は午前中、裏庭の手入れからスタート。
ワッサワッサ土を掘り起こしていくと、雑草の根っこに紛れて車のホイールやらガラスの破片やら、得体のしれない金属の固まりやら、いろいろ出てくるのであります。
この看板も、埋まっていたものの一つ。

そんな時代があったのでしょうか。
夢中で掘り起こし過ぎて疲労困憊し、少し休んでいるうちに気づけば夕方。
ということで、慌ててギャラリー犬養へ。
CRY FOR THE MOON 2011の二日目ですよ。
出し物の入れ替えの間には、山田航さんによる詩の朗読や

山下智博さんによる上映などがあり、会場を盛り上げます。

そしていよいよ、菊地和広さん(右)のパフォーマンス。

ワタクシ、外から観ていましたけど、「ギャラリー犬養、自己紹介〜」というラップはしっかりと拝聴いたしました。
ギターなんかも弾いたりね。

回を重ねたら、コアなファンがつきそうな予感もしつつ。
このあたりで、ドゥビ家ご飯会のスタート時間が迫ってきたため、会場を後に。
自分は観れなかったけど、山下智博さんによる能面愛舞とホイットニー・ヒューストンの曲との絶妙なリンク具合がよかったとか、回文朗読詩劇で会場から笑いが起きていたとか、いろいろ感想を聞きましたよ。
で、ドゥビ家ご飯会。引っ越してからの第一回ということで、とりあえず最近会った人中心に、一人一品持参ということで声をかけてみたのです。
最初は5人からのスタート。

右から反時計回りにrocketdesignの菊池さん、FIL SAPPORO編集長の只野さん、よいながめ工場の菅原さん。
はい、どんどん増えていきます。カメラマンの美奈子さん(右端)と、関口雄揮記念美術館の高田さん(その隣)。

佐々木恒平君と、HAKONIWAのクスミエリカさん&あゆみさんも仲間入り。

斎藤周さん曜子さん夫妻も仲間入り。

斎藤みなみさん(左)も仲間入り。

パフォーマンス帰りの菊地さん、小島歌織さんも仲間入り。(猫は怯えています)

見かねたギヨームがジャーキーを手渡し、それで猫と戯れるお二人。

大体この頃になると、皆さん好きな場所でくつろいでおりました。


昨夜お越し頂いた皆様、おいしいお酒やらお野菜やら、いろいろお持ち頂きありがとうございます。

まだまだ呼べそうだなあ。
日中寒かったこの家も、これだけ人が集まると逆に暑いくらいで。人の発する熱気も、バカにならないですねえ。
寒くならないうちに、もう一回くらい開催したいものです。
よいよい。
(編)

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA