皆さま、札幌ビエンナーレ・プレ企画のこと覚えていますか?忘れていないですか?
今回ワタクシ、10/28-11/20に開催される芸森企画の事務局スタッフとして参加しております。
昨日は、その芸森企画事務局打ち合わせがありました。

左は企画事務局長を務めるS-AIR代表柴田さん。右は今回、企画全般のディレクションを担当するATTICカジタ君。あと、昨日は参加できなかったけど、CAI02の佐野さんも企画事務局人員です。
実行委員の方からは「フライヤーは9月上旬には発行」と言われているので、まず企画内容(出品作家とかイベントとか)を確定させるため、カジタ君が奮闘しております。
あと、上にリンクをはった札幌ビエンナーレのサイトも、リニューアル予定です。
芸森企画の特設サイトは、結構面白い感じになるようです。(なので、公開まで多少時間がかかるとのこと)
あとはー、自分がちょっと挑戦してみたいなと思って考えているのが、ビエンナーレ・スクール。会期前に公開講座の実施を考えています。
内容は「展示内容をより楽しむための、事前レクチャー」的なことと、「文化を支える楽しさって?」みたいな感じで、既存ボランティア団体の方にお話を聞くような形。
場所もね、不特定多数の人が行き交う場所で実施したいのです。偶然その場を通ったら、何だか面白そうなレクチャーをしていた、みたいな。
この取り組みが、広報としてどのくらい効果があって、短期的にも長期的にもどのような結果につながるのか試してみたい。
内容が決まりましたら、ここでも告知をするので、お楽しみに。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA